菜園生活セットの特徴



  1. 手作業で組み立て、解体も容易。撤去が必要になったら簡単に原状回復できる

  2. 20cm高さの木枠の貫通穴(直径11mm)に支柱を差し込んでシート、ネットを張るので強風でもシート、ネットが飛散しない

  3. 超軽量の有機の培養土を使用しているので、菜園生活セットの全重量は木枠、土壌、水分を合わせて80㎏未満/m2。殆どの既存の建物に設置可能

  4. 土の深さ18cmで葉菜類、果菜類、根菜類の栽培ができる。なお果菜類、根菜類は一定の試作期間が必要。

  5. 木枠の底に耐根シートを張るので野菜の根は屋上の床面には出ていかない

  6. 耐根シートの上に透水シートを張るので、土やごみは流れ出さない

  7. 90cmx90cmx20cmの木枠は2段組み、連結も簡単で自由に展開設置できる

  8. 木枠に間伐材のヒノキを使っているのでナチュラル感がある。5年間使用可能

  9. 木枠には樹脂と違い、断熱効果があり、夏場でも土の温度が上がりにくい

  10. ヒノキの間伐材、竹炭を活用して日本の森を守ることに貢献している

*JVECは屋上菜園の設計・施工及び栽培受託・指導(テレワークふくめ)を行っております。2016年発売以来、事故は一度も発生していません

(以上)

最新記事
アーカイブ