身近で野菜を育てて幸せに 10月セミナー

東京のある老人ホームで2022年10月に野菜栽培セミナーを開催しました。その際のレジュメです。テーマは「屋上で野菜を育てて幸せに 💛 ⇔ 💛」です。

JVEC  阿部

 

□屋上で有機野菜を育てると良いことが2つあります

1.その野菜本来の味が楽しめます。野菜にはそれぞれの味があります。

現在屋上菜園で栽培しているのは、キュウリ、ハクサイ、ダイコン、ブロッコリー、ニラ。果物はキンカン、ブドウ。

2.野菜を栽培すると幸せな気持ちになります。幸福ホルモンが分泌されます。

💛 ⇔ 💛   幸福ホルモンは「オキシトシン

なぜ野菜を栽培すると幸福ホルモンの分泌が促されるのでしょうか。

👇

オキシトシンが分泌されるためには「心を、愛情を感じる交流」が効果的です。

①野菜との愛情を感じる交流

・野菜は3ヶ月、半年の間で種から芽を出し、花を咲かせ、実をつけます。束の間の生命です。

・一生懸命に生きて、最後は食べられて、人の健康のために役立ちます。

・栽培する人に助けられ、病害虫を克服して、実を結んでいきます。

・一生懸命に生きて、生かされて、実をつけ、人の役に立つ、というのは人の一生に似ているのではないでしょうか。


②野菜栽培を仲間と一緒にして交流

・親しい仲間と一緒に土に触れ、野菜に触れることによって人と人との間に、自然な形で、楽しい会話、交流が生まれてきます。    


□現在屋上菜園で栽培している野菜と果樹の栽培作業(10月)

 ・キュウリ  ・・・18cmぐらいのちょっと短めで収獲をします

 ・ハクサイ  ・・・病害虫対策 ストチュウを散布します

12月上旬に収獲

 ・ダイコン  ・・・間引きを3回。本葉7~8枚になったら1本に絞ります

12月上旬に収獲

 ・ブロッコリー・・・支柱を立てます

追肥を2~3回 11月下旬から収穫開始 

 ・ニラ    ・・・今は収穫期です

 ・キンカン  ・・・実が黄色なったら収獲です 10月中旬

 ・ブドウ   ・・・お礼肥を10月初旬にします

(以上)


最新記事
アーカイブ