6月の部会活動報告

①北千住ルミネ屋上菜園部会

<小玉スイカ、キュウリ栽培実習実施>

今月の北千住ルミネでは、通常の作業に加えて庭野さんに臨時に来て頂き、小玉スイカとキュウリの栽培実習をしました。

これから収穫を豊かにしていくために、養分が実に回るようにするための作業が重要になってきます。そこで栽培実習では小玉スイカとキュウリそれぞれの性質の説明から始まって、スイカはツルの管理、キュウリは5節目迄の脇芽取りなどを含めたこの時期に必要な作業について実習しました。

また今月は他にも、うどん粉病防止のための竹炭の散布(スイカ、キュウリの区画)、ジャガイモの2回目の収穫も行いました。土から姿を現したジャガイモの大きさに、参加者からは驚きの声が上がりました。

②「屋上菜園で親子一緒に野菜づくり&自然ふれあい教室」部会 「ジャガイモ収穫」

<遊心さん+JVEC 「屋上菜園で親子一緒に野菜づくり&自然ふれあい教室」>

6月の始めの親子での野菜作りは、6月9日、陽射しの強い日となりました。

当日の作業は、まずジャガイモの収穫。ちゃんとできているかな?芋が根から離れないようやさしく引き抜くと、ジャガイモがゴロゴロ。親子の歓声が上がりました。わずか15cmの深さの中で10個以上のジャガイモができています。秘訣は土寄せでした。

次にスイカやゴーヤ、キュウリの誘引。伸びてきた弦を支柱やネットに誘導して枝を傷めないよう軽くひもで留めました。ふと見るとスイカの黄色い花にミツバチが飛んできています。受粉ではお世話になりました。

最後にトマトの脇芽取りをして、液肥をかけて作業は終了。もう一度室内で、今日の作業の復習をして終了しました。

③三井住友海上火災保険屋上菜園部会 「蕎麦畑」

お茶の水にある三井さんの屋上菜園は全部で24区画あります。

そのうち15区画から24区画までの10区画に蕎麦の種を播きました。1区画に2畝作り、1畝に2条、種をスジ播き。5月23日に播いた種が一斉に発芽し、6月21日現在草丈が約70cm)になっています。花も咲いてきました。蕎麦はいわば粗放栽培なので、間引きをしないでこのまま育てていく方針です。

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.