9月の部会報告

①北千住ルミネ屋上菜園部会

「土の養生と種まき、植え付け」

8月の酷暑が嘘のように去った今月は、主に秋~冬に向けた準備の月となりました。まず、現在空いている区画に補充の用土と土壌改良剤のバーク堆肥、元肥の油かす、そして有機石灰を加えて耕しました。これらの区画では今後、秋冬に向けた野菜の種まきや植え付けを行っていきます。また収穫の近づくサツマイモにはツル返しを行いました。サツマイモは四方にツルを伸ばし、畝の外で根を張ってしまうことがあります。こうして根を下ろすとその先にも芋が付き、養分が分散して望ましい収穫が得られなくなってしまいます。これを防ぐため、伸びすぎたツルを持ち上げ、本来の畝に戻す作業がサツマイモのツル返しです。植物の変化と季節の移ろい、菜園での作業を通じてその二つの自然が感じられるひと時でした。

9月19日(水)にはダイコン、シュンギク、ミズナの種まき、ホーム玉ねぎの植付けをしました。

②遊心さん+JVEC

「屋上菜園で親子一緒に野菜づくり&自然ふれあい教室」

「秋冬野菜の種まき、苗の植付け」

9月29日、秋冬野菜の苗の植え付けと種まきをしました。シュンギク・ダイコン・ミズナは種、ハクサイ・ブロッコリー・カリフラワーは苗、ジャガイモは種イモです。 屋上に小雨の降る中、春夏野菜を経験した子供たちは、慣れた手つきになってきました。茶色一色だったミニ畑に緑のアクセントが大きく育つのが楽しみ!

③三井住友海上火災保険屋上菜園部会

「土づくり、畝づくり、蕎麦の撤去」

9月20日(木)午前9時30分より作業が始まりました。JVECからは阿部、庭野、森川、三井さんからは秋葉さんが参加しての4人チーム。モニター会員の方も参加しての作業です。まず耕運機で土を耕し、所定の区画に堆肥と元肥を入れてから畝づくり。

一方蕎麦の刈り取り。10区画ありますので、時間がかかります。今回は整地してから防草シートを張ることにしていましたが、午後3時頃から雨が降ってきましたので作業を終えて、シート張りは次回としました。

④墨田区老人ホーム こまち墨田館

「種まき、苗の植付け」

9月19日(水)午後1時30分より屋上菜園で種まきをしました。入居者の方3人にもお手伝い頂きながら、ミズナ、ダイコン、ジャガイモ、ホーム玉ねぎ、カブの種播き、植え付けをしました。皆さん楽しそうです。作業の後は食堂でお話をさせて頂きました。今回のテーマは野菜の花です。10種類の花の写真から野菜の種類を当てるゲームをしました。野菜の花はどれも可憐です。最後は出席者の皆さんで野菜の花言葉集を、歌をつくろうという話にまで盛り上がりました。

⑤台東区老人ホーム フレスコ浅草

「種まき、苗の植付け」

9月24日(月)午後3時から4時迄屋上菜園で種まき、苗の植付けをしました。 参加された入居者の方たち4人のうち3名は車椅子です。1名の方は何とか自分で歩けます。長さ2.7m 幅90cmの菜園(高さは40cm)に今回はホーム玉ねぎを植え付け、ダイコン、シュンギク、ミズナの種を播きました。歩ける方にはホーム玉ねぎの植付け、車椅子の方たちには片手で種まきをして頂きました。10月中旬にはイチゴの苗の植付け、スナップエンドウの種まきをして頂きます。皆さんが野菜の生長を楽しみにされているのが伝わってきます。

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.