10月の部会報告

①北千住ルミネ屋上菜園部会 「サツマイモ試し掘りとイチゴ定植」

今月も引き続き、新たな野菜の種蒔きや植え付けなどの作業が続いています。 先月種を蒔き、発芽したばかりの大根の区画では、間違って子供が入ったりしないよう支柱を立てテープで囲いを作りました。今後は成長をみて間引きを行っていく予定です。一方で、先日の台風で被害を受けてしまったエゴマは撤去することになりました。 そして今月は他にも、サツマイモの試し掘りを行いました。今年5月に船底植えの方式で植え付けたサツマイモは、先月のツル返し以降も旺盛に成長を続け、区画の土が見えないほど茂っています。その茂ったサツマイモのツルや葉をかき分け、根元を一か所掘り返してみると、25センチほどの大きさに育ったサツマイモが土中から姿を現しました。来月中旬の収穫本番が楽しみになる試し掘りでした。 31日には2区画に46株のイチゴの苗、宝交早生を植え付けました。来年5月にはイチゴ狩りイベントがあります。

②遊心さん+JVEC

「屋上菜園で親子一緒に野菜づくり&自然ふれあい教室」

10月27日は朝の雨が上がり一転快晴になりました。 野菜たちの生長を確認して、シュンギク、ダイコンを間引きして、ジャガイモは芽かきを行いました。最後に病害虫対策としてストチュウを散布しました。ブロッコリーの葉にストチュウを散布したところ害虫たちがぞろぞろ這いだしてきました。みんなこの匂いが嫌いなんですね。 今日は特別に草木染の体験がありました。ターメリック(ウコン)で羊毛を黄色に染めます。自然の色はきれいですね。

③三井住友海上火災保険屋上菜園部会 「秋冬野菜栽培中」

9月下旬に耕耘し、土づくりをした区画で10月始めからいよいよ秋冬野菜の栽培が始まりました。モニター会員の3家族がそれぞれ2区画、JVECが3区画に秋冬野菜の苗を定植し、また種まきをしました。今回は全ての苗にアンドンを設置しました。アンドン効果でしょうか、全ての苗が順調に育っています。

墨田区老人ホーム こまち墨田館

「収穫予定」

屋上菜園では野菜が順調に育っています。職員の皆さんも入居者の方たちも自分達が育て、見守ってきた野菜を食べるのを楽しみにされています。11月中旬にはサトイモ、中旬にはジャガイモ、ウコンを収穫します。 12月にはカブ、ダイコン、ミズナ、シュンギクを収穫します。   

④台東区老人ホーム フレスコ浅草 「間引き作業開始」

ここの屋上菜園は野菜が本当に良く育ちます。周りに高い建物がなく太陽の光が屋上全体に注ぎ、風通しも申し分ありません。9月24日に入居者の皆さんに種を播いて頂いたミズナ、シュンギクが大きく生長し、10月25日には沢山の間引き菜が収穫できました。特にミズナは草丈が30cm以上にもなり、間引きはちょっと大変な作業となりました。                            

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.