2019年12月の部会報告

①北千住ルミネの屋上菜園部会 「北千住屋上菜園の四季」

この記事を毎月書いてくださっている藤掛さんに今年の春、一つのお願いをしました。

それは北千住屋上菜園の四季の写真アルバムをつくるということでした。

12月11日に写真アルバムを藤掛さんから頂きました。

これから写真毎に一言添えてアルバムを完成させていきます。

アルバムは2冊作成し、1冊はルミネ北千住店に。

もう一冊はJVECで保管します。

またブドウ区画が2倍の面積になりました。

来年は今年の2倍の50房のブドウが収穫できるかもしれません。

北千住ルミネの屋上ではまず12月4日に、保育園の子どもたちとダイコンの収穫を行いました。

この秋の台風を力強く耐え抜いたダイコンは太さも形も申し分なく、全部で30本以上収穫することができました。

また、今年もスナップエンドウの栽培が始まっています。

12月の2週目には防風のためとして、割り箸を根元近くの土に刺し小さな支柱としました。

まだ小さな苗ですが、元気に成長を始めています。

野菜の栽培以外にも、ブドウの栽培木枠の増築が進行中です。

今回は増築なので、木枠用の木材を「コ」の字型に組み立てて、元の木枠の一辺だけを取り外したうえで隣接させて設置していきます。

木材を扱う作業は日曜大工のようで、普段の栽培作業の中ではなかなか体験できない新鮮なものとなりました。

②三井住友海上火災 駿河台菜園部会 「栽培指導の課題」

三井住友海上火災さんの屋上菜園では21区画の利用者が菜園作業をしています。 JVECの庭野さんが毎週土曜日、阿部が月2回土曜日午前10時~12時、2時間出動し皆さんへの栽培指導をしていますが、限られた時間ですので皆さん全部への栽培指導ができないという問題があります。

またその時間帯に都合で来ることができない利用者も少なくありません。

来年はこの問題解決に取り組んでいきます。

③こまち墨田館 「年間予定・栽培とお楽しみプログラム」

来年は年間計画を立てて栽培作業そしてスプラウト栽培なども含め、多様なプログラムを準備して屋上菜園活動を一層楽しく、有意義なものにしていきたいと思います。

現在その準備に入っています。

来年は施設の職員の皆さん、入居者の皆さんから希望が出ている果樹栽培にも取り組んでいく予定です。

まずブドウ、キンカン。

④フレスコ浅草 「屋上菜園の増設」

フレスコ浅草の佐藤施設長から、屋上菜園を当老人ホームの特長の一つにしたい、との有難いお話を頂きました。

もっと多くの入居者の皆さんに屋上菜園を楽しんで頂くために現在の屋上菜園を拡張するための提案をこれから準備します。

屋上菜園の増設が3月迄にできれば夏野菜の栽培に間に合います。

最新記事
アーカイブ