2020年7月の部会報告

①北千住ルミネの屋上菜園部会

梅雨が長引く7月でしたが、それでも屋上では夏野菜の元気な生育が見られ、特にスイカは育つスピードの速さに驚かされるほどでした。成長に合わせてキュウリにはネット張りなどを行う一方、トマトやピーマンは一部の実が収穫できました。ピーマンは内側の枝を取り除き、風通しを良くすることで病害虫を防止する処置が功を奏したようです。またブドウが房をつけてきましたので、袋掛けも行いました。野菜を育てていると、季節の移ろいや、植物の逞しさを日々実感させられます。収穫するものがあれば、これから収穫が楽しみな野菜もある、そんな屋上菜園です。(藤掛)

②三井住友海上火災 駿河台菜園部会

梅雨が7月末になっても上がらず今年は異常な天候の日が続いていますが利用者の皆さんは熱心に菜園に来られ、栽培作業をしています。今月は支柱の交換をしました。古い支柱を処分し、新しい支柱に切り替え安全に作業ができるようにしました。また防虫剤を「粘着くん」に変更しました。うどん粉病が高温多湿のため発生しやすので、野菜の下葉を取り除き、風通しも良くするように利用者の皆さんにアドバイスをしました。今年は新型コロナウイルス対策と同時に熱中症対策も屋上菜園でも求められています。栽培指導もソーシアルディスタンスを確保。


➂こまち墨田館 屋上菜園部会 「ジャガイモの収穫」

7月下旬、小玉スイカが順調です。実が段々大きくなってきました。収穫できそうなスイカは7個。ミニトマト、中玉トマトの脇芽取りを継続的にしながら収穫も。今回はエディブルフラワーの苗とハーブの植付けのための準備をしました。こまち墨田館の屋上菜園は野菜の他に果物(ブドウ、キンカン)、ハーブそれに花と多彩です。エディブルフラワーも有機栽培ですので、切り花にして食堂に飾っています。ブドウの袋掛け作業をしました


➃フレスコ浅草

ちょっと時期に遅れて定植したミニトマト、ピーマン(ピー太郎)、キュウリもしっかり根付き、成長しています。これから花を付け、実をつけていってほしいと願っています。

この屋上菜園は自動潅水装置がありませんので、栽培作業の際にはいつもたっぷり水をやることにしています。



最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.