2020年4月の部会報告

①北千住ルミネの屋上菜園部会

「屋上の野菜達は皆順調」

4月は天候に恵まれることが多く、野菜が伸び伸びと育つ屋上は世の中の新型コロナウイルス問題など、どこ吹く風といった光景です。

栽培作業はイチゴ、ジャガイモ、スナップエンドウが中心になりました。

イチゴは摘花と脇芽取りを行いました。

いずれも栄養を分散させないために、それぞれ多すぎる花や芽を取り除いていく作業です。

株の生育は揃って順調で、早いものでは付いた実が淡い赤に色づき始めています。

3月に植えつけたジャガイモは芽欠きをしつつ、追肥と土寄せをしています。

葉も増えてきました。

スナップエンドウは成長に合わせて誘引をして、4月の3週目からは収穫も始まりました。

一部枯れてしまった株もありますが、全体としては順調です。

屋上を訪れるたびに、白いスナップエンドウの花が増えていることが目立ちます。

②三井住友海上火災 駿河台菜園部会

「現場指導とメールでの1:1指導」

新型コロナウイルス問題が深刻になってきていますが、三井住友海上火災保険は会社の方針として屋上菜園を閉園せずに一定の注意事項を守ることを条件に利用者に屋上菜園を開放しています。

「このような状況においては心身の不活発化、ストレスも懸念されます。

菜園は感染のリスクが高いとされる「3密」条件を満たさないことから、外で新鮮な空気を吸い、自然の恵みを感じるなど、少しでも気分転換やリフレッシュの一助としていただきたいと考えています」

JVECもメールでの1:1の対応にも力を入れています。 JVEC会員の小枝さん、浜森さんが区画利用者になりました。

➂こまち墨田館 屋上菜園部会 「屋上菜園は花盛り」

屋上階に上がり屋上菜園に近づいた時、思わず「良かった」と声を上げました。 ここ2週間ほど来ていなかったのでちょっと心配していました。 今世の中は新型コロナウイルス問題で大変ですが、屋上菜園の野菜(イチゴ、ジャガイモ、スナップエンドウ)はとても順調です。 ブドウも葉をつけています。 花の区画は溢れるように花が咲いています。 5月初旬には夏野菜のトマト、スイカの苗を植える予定です。

➃フレスコ浅草 「5月も作業は不可」

新型コロナウイルス問題が沈静化していないため5月も外部の関係者の入館は不可となりました。 屋上菜園の野菜の様子が分かりませんが、イチゴ、スナップエンドウが順調に収穫期を迎えているのを願うばかりです。 それ以上に入居者の皆さんが元気でいることを。

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.