2020年6月の部会報告

①北千住ルミネの屋上菜園部会

「夏野菜栽培作業 忙しい時期です」

梅雨の晴れ間のこの日、まずはブドウとスイカの整枝(せいし)を行いました。これはブドウの長すぎる枝を切り、スイカの余分な孫ツルを取り除く作業です。必要以上の枝やツルを切るとその分の栄養が実に回る効果があります。そのためこの作業は、実を大きくおいしくするために欠かせません。スイカは少しずつ花が咲いていました。スイカは雌花と雄花があり、栽培では人工授粉をしなければなりません。人工授粉といっても、雄花を摘んで中の花粉を雌花に「ポンポン」と優しく付着させるだけです。午前の早い時間にやるのがポイントです。ちなみにスイカの雌花と雄花は、実になる丸いふくらみの有無で簡単に目分けられます。ふくらみがあるのが雌花です。ほかにもこの日は、モロッコインゲンの苗を植えました。先月苗を植えたばかりのトマトには早くも青い実が出来ていました。

②三井住友海上火災 駿河台菜園部会

「講習会を実施しました」

4月は新型コロナウイルス問題で講習会を開催することができませんでしたが、6月は

 一定の注意事項の下、6日に開催することができました。屋外の菜園で実施しました。2回に分けて講習会を持ち、14区画の利用者の皆さんが参加されました。今年は天候にも恵まれ、また利用者の皆さんが熱心に栽培作業をされていますので野菜は順調に成長しています。

➂こまち墨田館 屋上菜園部会 「ジャガイモの収穫」

 6月11日職員のIさんと一緒にジャガイモを収穫しました。今年は惜しむらくは昨年に比べ少し小さく、また全体の収穫量も少なめでした。7月からミニトマト、中玉トマトの収穫が始まり、8月上旬には小玉スイカの収穫です。そして9月はブドウの収穫!。入居者の皆さんと一緒に収穫できる日が早く来ますように。

➃フレスコ浅草 「屋上菜園・6月 夏野菜の植付け・種まき実施」

 6月11日に菜園の整地後、ミニトマトを植え付けました。6月から作業再開となりましたが、今年は新型コロナウイルス問題で家庭菜園ブームとなり、ホームセンター、種苗店の苗が売り切れ状態になりました。そこでミニトマトは阿部の武蔵野農園から苗を持ってきて11日に定植しました。キュウリは庭野さんが種から育てたものを、ネギ、ピーマンは庭野さんの農園から持ってきた苗を25日に定植しました。何とか間に合いました。

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.