2022年2月の活動報告

①北千住ルミネ 屋上菜園「引き続きブドウの剪定」


2月も引き続き、この屋上菜園では除草とブドウの剪定を行いました。

葉が落ち切って寒々しい見た目のブドウも、剪定した枝の断面は緑色をしていて、樹は生きていることがよくわかります。剪定では、元気な枝は1メートルほどを、他の枝は二節ほどをそれぞれ残し、こうして樹形を整えることで次のシーズンの生育に繋げていきます。

今年の冬も2月の終わりには気温も上がり始め、ようやく季節の移ろいを感じられるようになってきました。それにつれて除草も手が抜けません。抜いた雑草は園路に広げてある程度乾燥させてから、ゴミ袋にまとめて処分しています。

またここの菜園は商業施設の屋上にあるため、運営面で新型コロナウイルスの影響を大きく受けてきましたが、それでもコツコツと春を目指して手を動かしていきます。


(藤掛記)


ブドウ剪定の様子
枝の断面は緑色




②三井住友海上火災保険 駿河台菜園「夏野菜栽培に向けて畑の準備」


新型コロナウイルスオミクロンの毎日の感染者が東京では1万人を超える状況が続いています。2月は1月の方針の継続ということで

  1. 現場指導の代わりにメールで指導させて頂いています

  2. 利用者の皆さん向けのリアルの講習会の代わりにその時期の栽培内容を動画撮影して皆さんに見て頂いています

新型コロナウイルス問題が収束するまで、このやり方を続けていくことになりましたが、やはり早く以前のように菜園現場で栽培指導できる日が来てほしい・・・そんな気持ちも一方で強くなっています。2月は土づくりの時期でもあります。3月の上旬と下旬にJVECが小型耕運機で菜園の耕起と施肥をしますので、利用者の皆さんには冬野菜の収獲と撤去をお願いしました。このような時期ですが、だからこそなのかもしれませんが、利用者の皆さんは菜園に来て野菜の手入れを良くされています。冬越し野菜は新型コロナに関係なく、順調に成長しています。5月、6月の収穫期が楽しみです。



(阿部記)


果樹の苗・ウルトララズベリー超大王




③押上 こまち墨田館 屋上菜園部会 「土づくりと夏野菜のための計画づくり」


2月は土づくりと夏野菜のための計画づくりをしました。土づくりは冬野菜の収穫が終わった区画から開始。「寒起こし」をしながら残根、ゴミを取り除き、それから堆肥として五穀堆肥、元肥としてユキパーを入れ、移植コテで良く混ぜました。週1回の出動ですので、毎週かき混ぜる作業をしていました。夏野菜のプランは職員の皆さん、入居者の皆さんのご希望を伺いながら決めることができました。今年から新しく始めるのは2つです。

  1. 毎日の食事でサラダとして食べられるような葉物野菜の栽培。レタスミックス、ルッコラ、ワサビ菜

  2. 花の栽培。食堂で、あるいは自分の部屋に持ち帰って楽しめる花の栽培。花のオーガニック的な栽培はJVECの会員の古庄さんがしてくださいます。藍も栽培します。

  3. 今年も連作障害に気をつけながら、ジャガイモ、小玉スイカ、メロン、ミニトマト、それにブドウ栽培を続けます。

(阿部記)


ジャガイモ植え付け予定区画

花栽培用プランター



④入谷 フレスコ浅草 屋上菜園部会 「土づくりと夏野菜のための計画づくり」


冬越し野菜のスナップエンドウ、ソラマメの成長がちょっと遅いのが少々気掛かりですが、これから温度が上がってくるので挽回できると期待しながら、追肥をしました。こちらのホームでも夏野菜のプランを私たちの方で作り、職員の皆さん、入居者の皆さんのご希望を伺って決めています。

ご希望があったのは、小玉スイカ、サツマイモ、ナス、カボチャ、ニンジンでした。ということで、今年の夏野菜は連作障害を避けながら、以下のようになりました。

ミニトマト、ナス、小玉スイカ、カボチャ、ニンジン、サツマイモ。冬越し野菜のイチゴ、スナップエンドウ、ソラマメは5月中旬から始まります。こちらの屋上菜園でも今年からレタスミックス、ルッコラの栽培を始めます。

この老人ホームは最上階の7階のホールからそのまま広いテラスに出ることができます。屋上菜園はそのテラスの先にあります。職員に車椅子を押してもらって入居者の皆さんが菜園の様子を見に来られます。季節の変化を気付かせてくれる野菜の成長を、楽しみにされているようです。



(阿部記)


スカイツリーが見える屋上菜園

屋上菜園風景

最新記事
アーカイブ