2022年3月の活動報告

①北千住ルミネ 屋上菜園「春が来て」


3月に入り、徐々に春らしい暖かさを感じられる日が増えてきました。菜園では気温の上昇のためか、雑草も盛んに生育しており、3月は特に除草の作業に追われていました。

そして新年度から、いよいよ屋上菜園での野菜栽培が再開されることになりました。新型コロナウイルスの影響で果樹(ブドウとブルーベリー)以外の栽培を基本的に休止していた約1年間。加えて老朽化した一部の木枠の改修も行うことが決まり準備作業が始まっています。

新年度は、1年ぶりに野菜づくりができます。夏野菜ではサツマイモ、カボチャ、ルッコラ、バジル、ミニトマトを予定しています。サツマイモはイベント用に沢山苗を植え付けていきます。


(藤掛記)


改修箇所などを確認中
菜園を支える木枠




②三井住友海上火災保険 駿河台菜園「夏野菜栽培に向けて施肥・耕耘実施」


3月は今年の夏野菜栽培のために施肥、小型耕運機での耕耘作業を3月3日、24日とJVECから庭野さんと阿部が2人出動して2回、早朝から夕方まで行いました。天気に恵まれ予定通りできました。堆肥は五穀堆肥、元肥はユキパーです。ここ駿河台菜園では春秋の施肥・耕耘を毎年やっている効果でしょうか、土の状態がとても良くなってきました。土のしっとりとした色、フカフカ感。この施肥・耕耘作業はJVECの担当ですが、今栽培している冬越し野菜との兼ね合いなどもあり、自分で施肥・耕耘をされる方もいます。その方たちにはJVECから施肥・耕耘の仕方をアドバイスさせて頂いています。野菜栽培は土づくりで7割方決まると言われるほど、土づくりはとても重要な作業です。区画に入れた有機肥料の分解を考慮して2~3週間後の4月下旬から夏野菜の苗の定植が始まります。栽培作業が段々多くなり、忙しくなってきます。利用者の皆さんには昨年の夏野菜栽培の経験を活かし、今年の夏野菜栽培に取り組んで頂きたいと思っています。

三井住友海上火災様の2つの区画ではナワシロイチゴとラズベリーの苗木が若葉を出してきました。雑草対策として防草シートを張り込みましたのでこれで一安心です。



(阿部記)


3月末の菜園風景

ラズベリーの苗木


③押上 こまち墨田館 屋上菜園部会 「下町に小さな田園風景が生まれました」


3月は先月号でお知らせしましたが、23日に屋上菜園で花の苗の植え付けをしました。この時期の花を選び、植え付け作業をしてくださったのはJVECの会員の古庄さんです。植えた花はチューリップ、キルタンサス、ムスカリ、パンジー、ディアスシア、ラルカドール。植え付けたのは木枠菜園のイチゴの隣りとプラスチックプランター3つに、でした。花が加わり、こまち墨田館の屋上菜園は野菜、果樹(ブドウ、キンカン)に、花壇が加わり、さながら小さな田舎の田園風景のような趣きも出てきました。新型コロナウイルス問題があり、まだ以前にように屋上で入居者の皆さんと一緒に作業をしたりすることはできませんが、新型コロナウイルス問題が収束した暁には是非屋上菜園で作業しながら、またある時には収穫後、談笑の時を持ちたいと思っています。冬越し野菜のスナップエンドウ、イチゴが花を咲かせ始めました。ブドウにも新芽が付き始めています。3月9日に植え付けたジャガイモも30日には芽をのぞかせていました。

いよいよ春ですねー。

(阿部記)


3月9日に植えたジャガイモの種芋から3月30日芽が出てきました


④入谷 フレスコ浅草 屋上菜園部会 「冬越し野菜の成長と夏野菜のための準備」


ちょっと心配していた冬越し野菜のスナップエンドウ、ソラマメが春の日差しを受けてグンと成長してきました。一安心です。スナップエンドウは伸びてきたツルを茎葉が重なり合わないようにネットに展開できるよう誘引しました。ソラマメは親枝をカットして脇から出てきている側枝を伸ばすようにしました。また冬越し野菜ではイチゴの株が立ち上がるような感じで成長し、花もつけ始めています。ということで2週間ぶりに追肥(ユキパー使用)をしました。小玉スイカ、サツマイモ、ミニトマト、ナス、カボチャ、ニンジン、サトイモの予定地には小さなサインボードを土に立てました。

どの場所で何を栽培するか、皆さんに知って頂くためです。

冬越し野菜のイチゴ、スナップエンドウ、ソラマメの収獲は5月中旬から始まります。新型コロナウイルス問題がありますが、できれば入居者の皆さんと一緒に収獲したいですね。今年から屋上菜園でレタスミックス、ルッコラの栽培を始めます。皆さんの毎日の食卓のサラダに採れたての有機野菜加えて頂ければ、との気持ちからです。この老人ホームでは施設長様から菜園のスペースに限りがあることは分かっているが、いろいろな野菜を栽培して入居者の皆さんを楽しませてほしい、との要望を頂いています。最上階の7階のホールからそのまま広いテラスに出ることができます。屋上菜園は最上階のテラスにあります。入居者の皆さんは職員に車椅子を押してもらって菜園の様子を見に来られます。野菜の成長を見るのが楽しみ、とのことです。



(阿部記)


スナップエンドウ

ソラマメとスナップエンドウ


⑤神田 事務所ビルの屋上菜園


神田の屋上も花の季節となりました。

冬の眠りから覚めてイチゴの白い花。これから「ランナー」を伸ばし広がります。収穫を逃したブロッコリーの黄色の花々はドンと咲いた花火のようです。

エンドウが盛んにツルを伸ばし始めています。

藍の畑には昨年のこぼれ種が芽を出しています。この種は今年で4年目。

東京に暮らし3年経つと「江戸っ子」となりますからこの藍は「神田っ子」。

神田藍と命名しました。

冬の間、枝だけになっていたブドウに葉の芽が出ています。

(伊藤記)


イチゴ
エンドウ
ブロッコリー花

藍こぼれ種

ぶどう葉の芽

最新記事
アーカイブ