JVEC 屋上菜園近況報告

毎月ルミネ北千住店の屋上菜園、三井住友海上火災の駿河台菜園、押上の老人ホーム、浅草の老人ホームでの栽培活動をホームページでお知らせしていますが、来月の5月号から千葉県の物流センターの屋上菜園での活動、そして東京の銀座の屋上菜園での栽培活動もお知らせする予定です。そして昨年度は除草作業が主な作業だったルミネ北千住店の屋上菜園も野菜栽培、果樹栽培が復活します。東京都内は北千住、お茶の水、押上、浅草、銀座。

そして千葉県印西市。屋上菜園が都心に、そして地方県にも。千葉県の物流センターの運営会社はオーストラリアの国際企業、そして銀座は超有名ブランドの経営するレストラン。

業態も商業ビル、オフイスビル、老人ホームから物流センター、レストランへと広がってきています。これからはそれぞれの業態の本業にとって屋上菜園がどのような価値を持っているか、業態毎に具体的効果を見える化して貢献度をさらに高めていくことが求められています。


(阿部)

最新記事
アーカイブ