「屋上菜園・都市の近未来の姿」

〜BLOG〜 社会学者見田宗介氏の近著、「現代社会はどこに向かうか」(岩波新書)を読んで、思わずうれしくなりました。 見田氏は日本と世界の青年の価値観が大きく変わってきていることをデータに基づき紹介し、生存の物質的基本条件の確保のための経済成長優先主義から、また未来の幸福のために今を犠牲(手段)にする生き方から、今を楽しむ、現在に幸福を感じる生き方に価値観が大きく転換していると説明されています。 キーワード的には、シンプル化、ナチュラル化、持続可能性、脱商品化・・・。

我田引水になりますが屋上菜園はまさにこれらのキーワードを具体化しています。 成熟社会とは人と人との関係、身体と自然との交流に深い、持続的な幸せを感じることができる、そんな社会ではないでしょうか。

最新記事
アーカイブ

©2017 JVEC  ALL RIGHTS RESERVED.